ケールを使った青汁について

ケールの青汁

ケールの青汁

青汁の種類には、いろいろありますが、今まで最もスタンダードな青汁として親しまれてきたのがケールの青汁になります。

 

その理由としては、昔、青汁健康運動が広まる時に採用されたのが、栄養価が抜群に高いケールだったからです。

 

ケールという緑黄色野菜はスーパー野菜とか野菜の王様とか呼ばれていて、当時から素晴らしい野菜として知られていますが、もともとケールという野菜は日本には存在していない、ヨーロッパ原産の野菜なのです。

 

ケール

 

そして、日本に渡来してきたのは江戸時代にで、当時は、食用ではなく観賞用の植物として扱われていたらしいです。

 

それが、戦後から現在に渡るまで、健康食品の青汁の素材としてどんどんと広まったみたいです。

 

ケールの青汁の特徴は、ビタミンCやカルシウム、カロテンなどの有益な栄養成分を豊富に含んでいますが、非常に残念なことに、ケール特有の苦みや青臭さが強いので美味しくないのであまり食卓に上ることもありません。

 

ケールに豊富に含まれているカルシウムは、丈夫な骨を作るのに重要ですし、食物繊維は便秘解消に役立ちます。ビタミンCやEは抗酸化力が強いし、ルテインは目に良いとも言われています。

 

ケールを青汁にして飲めば非常に健康に良いことが分かっているのですが、苦味・青臭さを敬遠する人も結構、多いです。

 

だだ、生活習慣病でもある動脈硬化や、難病でもある癌の予防など重大な病気を予防する効果も認識されているので、飲みづらいと分かっていても真剣に飲み続けている人も多くいるようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ