大麦若葉を使った青汁

大麦若葉の青汁

大麦若葉の青汁

大麦若葉って、青汁の素材に使われるようになってから良く聞くようになりましたね。

 

近年になって、大麦の若い葉っぱを使って材料にしている青汁が徐々に広がっているようですが、その理由としては、大麦若葉の青汁はとてもマイルドで「飲み易い」という事でしょう。

 

大麦

 

私も、実際に大麦若葉の青汁を飲んだ経験がありますが、確かに、飲み易いです。でも、従来の非常に飲み難いケールの青汁等に比較すれば、「とても飲み易い」と表現しても良いでしょう。

 

大麦若葉には、他の青汁の原料に領されている緑黄色野菜と同様に、鉄分や亜鉛等のミネラルや、ビタミンBやC、β―カロテンなどのビタミン類が沢山入っています。

 

それに、SOD酵素と呼ばれている抗酸化作用の強い成分が含まれていることも特筆に値します。

 

最後の栄養価が、抗酸化作用のあるSOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)と呼ばれるものです。このSDO酵素は抗酸化作用により、ヒトの長寿に深く関係しているとも言われています。

 

SDO酵素のように強い抗酸化作用を持つ成分は、活性酸素によって引き起こされる細胞の酸化を防ぎ、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病も予防してくれます。

 

大麦若葉の青汁は、非常に飲み易い味ですので、アンチエイジングや美容、健康に興味がある方、それに青汁初心者にはおすすめの青汁になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ